スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


残業をカットされても給料の手取り額を減らさない方法

預金金利の引き下げ、税金アップ、
昇給ストップでは、生活が苦しいままだ。

給料を少しでも減らしたくないなら
労働組合を通じて経営者と交渉してみよう。

「残業カットは認めるが、5月と6月と7月の3カ月だけにしてくれ」と。

毎月給料が引かれる高額な社会保険料(健康保険料、厚生年金保険料等)の
算定は5月、6月、7月の額で決められてしまう仕組みなのだ。
だからこの3カ月間に収入が多いと翌年(実際はその年の11月より)の
社会保険料がアップしてしまい給料の手取り額が少なくなってしまう。

そこでこの3カ月間は残業を全くやらないで他の月にまわした方が賢明なのだ。
月レベルではなく年収レベルで計算すると一目瞭然である。
トラックバック
http://uraurara751.blog83.fc2.com/tb.php/32-ae11e184
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。