スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


個人で私書箱を開設する方法

アダルト通信販売利用時など誰でも一度は私書箱を
持っていたらと考えたことがあるでしょう。

しかしなかなか郵便局の私書箱を持つのは個人の場合
大変な作業であるのが現状である。
それでも私書箱を持ちたければ、通常私設の有料私書箱を持つしかない。
しかし一ヶ月の使用料などを考えいると私設の私書箱を持つわけにはいかない。
そこで今回私設の私書箱ではなく無料の郵便局の私書箱を持つためのテクニックを公開します。

【通常の私書箱開設方法】
最寄りの郵便局に私書箱の空きがあるか問い合わせる。
空きがある場合直接局で申し込む。次に局の審査を受ける。
OKが出れば開設となる。

【審査の条件】
1 保管された発送物をきちんと受け取れるか。
2 対象は6ヶ以上使用する人。
3 常に郵便物が配達されている人。
4 郵便局長の奨励により、郵便私書箱を使用する人以上が主な条件例である。


<解説>
1、郵便物が届けば原則的にその日か次の日に受け出来る。
(実際は多少遅れてもOK!)
2、使用する期間の目安。
3、郵便物の量の問題。
4、毎日郵便物が多くて(TV局など)逆に郵便局から頼まれた場合。

以上、1、2、4は別として、3が一番問題となる。
少なくてもほぼ毎日一通以上の郵便物が届かなければならないのである。
企業では簡単にクリア-できるがいざ個人となるとなかなかうまくいかない。
それさえクリア-すれば晴れて私書箱を開設できるのである。(一部の地域により異なる)


【テクニック】
自分(個人)のところに郵便物が1日1通以上来ないのであれば自出せばいいのである。
例えば郵便局の私書箱開設の審査の期間のあいだ知人に頼み自分宛に手紙かハガキを送ってもらうとか自分で自分のところに送るのである。
また雑誌などでよく見かける資料請求にハガキを出して返事をもらうのである。
これで1日1通以上の郵便物があなたのところに届き3の条件もクリア-となる。
一度開設すれば週に1回くらいしか郵便物が届かなくても大丈夫である。
局によって私書箱の利用率が悪い地域や審査の甘い地域、開設後の指導状況など地域(その局の方針)で若于違う場合があるのも事実ですが・・・。
トラックバック
http://uraurara751.blog83.fc2.com/tb.php/18-4a768883
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。